年月 沿革
1963年10月 代表取締役社長・清武富が富士宮市大宮に鼎工業株式会社を設立、自動車部品の製造を開始。
資本金50万円。
1965年11月 カナエ工業株式会社に社名変更。
資本金200万円に増資。
1966年 9月 資本金600万円に増資。
1967年 4月 本社工場を富士市本市場に移転。
1968年 4月 富士宮鉄工団地の完成により、本社工場を富士宮市万野原新田 (現本社工場)に移転。
1968年10月 資本金1,800万円に増資。
1974年 2月 本社工場にメッキ工場を新設。
1977年10月 本社工場にプレス、切削、溶接ラインを持つ第2工場を新設。
資本金3,600万円に増資。
1978年 3月 カナエ運輸株式会社を設立。
1982年 8月 工機部門を富士市本市場に移転、製品設計及び金型、省力化機械の設計、製作専門の富士工場を新設。
1988年 8月 富士宮市表富士工業団地完成とともに最新鋭の省力化設備を持つ、山宮工場を新設。
1989年10月 資本金1億4,000万円に増資。
1990年 8月 タイ国チョンブリ県レムチャンバン工業団地にKANAECH(THAILAND)を新設。
1992年 4月 資本金3億6,500万円に増資。
1992年 5月 アルミ加工分野に進出。
1993年 7月 埼玉プレス鍛造株式会社と資本提携。
1994年 7月 山宮工場を増設し、第2工場を併合。
1996年 2月 本社工場に第3工場新設。
精密部門(旧山宮工場)を移転。
1999年12月 富士工場(工機・金型部門)を山宮工場に移設。
2002年12月 ISO9001(2000版)認証取得。
2003年 3月 中期経営計画「Challenge 750」を策定。
2004年 8月 本社工場に第5工場増設。
2004年 9月 本社工場にUL-300tプレス増設。
2005年 5月 金型・工機部門(旧山宮工場)を本社工場に全面移転。
2006年 7月 エコアクション21認定取得。
2008年 3月 中期経営計画「Innovation150」を策定。
2008年 7月 タイ国チョンブリ県ピントン工業団地にKANAECH(THAILAND)ピントン工場を新設。
2009年 5月 本社工場に第3工場西棟を建て替え。
2009年 8月 本社工場にCNC三次元測定機を設置。
2011年 8月 インド国にKANAECH INDIA PVT LTD を新設。
2011年 9月 KANAECH(THAILAND)ピントン工場を増築。
2013年10月 創業50週年を迎えました。
2014年 3月 本社工場に立型マシニングセンターV99Lを設置。
2015年 3月中部産業連盟様よりVM推進賞を受賞。
2015年12月 平成26年度 地域工場・中小企業等省エネルギー設備導入促進事業費補助金 (省エネ補助金)を活用し、マシニングセンタV56i ワイヤ放電加工機U53jの2台を設置。
2017年 3月平成28年度 ロボット導入実証事業を活用し、トルクコンバーター部品のブレード組み立て工程にロボットを導入。​
2017年 10月中部産業連盟様よりVM本賞を受賞。 ​
2018年 3月御殿場事業所 開設。 ​
2018年12月二次元レーザー加工機 ML2512 HV2R-Plusを設置。