板厚確認革命!!

絶賛販売中!

使い方は簡単、だれでも気軽に使えます

*両手で製品を持って測れるので、簡単に板厚確認ができます。

スルスル測る

板厚確認、こんなことでお悩みではありませんか?

製品を切って測っている方へ

製品を切って測っている方へ

  • 切るのが面倒ですよね?
  • 切ったら納品できないですよね?

測定ポイントが何か所もあり面倒な方へ

測定ポイントが多く面倒な方へ

  • 連続して測ることができませんよね?
  • 操作が煩雑で、慣れないと難しいですね?

そんな方に板厚確認器アツヨシがおすすめです!

おすすめの理由

ポイントマイクロよりも深い懐で、測りやすい

ポイントマイクロよりも懐が深く、測りやすい

懐が深いので、ポイントマイクロが届かない所も製品を 切らずに測定することが出来ます。

スプリング式の測定子

測定子はスプリング式なので、ポイントマイクロのように一か所ずつ測らなくてもスライドするだけで、正確に連続で測定することが出来ます。

作業の時間が大幅に短縮!

作業時間が大幅に短縮!

製品をスライドしながら連続して厚さを確認できます。

ポイントマイクロでは、一か所ごとに厚みを確認しなければなりませんが、アツヨシでは製品をスライドしながら連続して厚さを確認できますので、確認作業の時間が大幅に短縮できます。

作業の時間が大幅に短縮!

おすすめの理由 作業の時間が大幅に短縮!

アルミ素材で高耐久!

本製品はアルミ素材の削り出しで造り込んでいます。軽量かつ頑丈で、錆びにくいなどの利点がありますので長年ご愛用いただけます。

驚きのコスト削減!
ポイントマイクロと比較し、板厚確認器 アツヨシでここまで削減できます!

(弊社調べ)

製品を切って測定

1回の切断時間=3分
1ヶ所当たりの測定時間=4秒
測定か所=5か所
金型立ち上げ時に発生する測定回数=20回
年間での立ち上げ製品数=48製品
(3+0.07×5)×20×48=3216分

合計 53.6時間
268,000円

板厚確認器 アツヨシ

1回の切断時間=0分
1ヶ所当たりの測定時間=2秒
測定か所=5か所
金型立ち上げ時に発生する測定回数=20回
年間での立ち上げ製品数=48製品
(0.03×5)×20×48=144分

合計 2.4時間
12,000円

切らずに測るから

約260,000円経費削減!

製品を切らずに測定できても

1ヶ所当たりの測定時間=4秒
測定か所=5か所
金型立ち上げ時に発生する測定回数=20回
年間での立ち上げ製品数=48製品
(0.07×5×20×48)÷60=5.6時間

合計 5.6時間

板厚確認器 アツヨシ

1ヶ所当たりの測定時間=2秒
測定か所=5か所
金型立ち上げ時に発生する測定回数=20回
年間での立ち上げ製品数=48製品
(0.03×5×20×48)÷60=2.4時間

合計 2.4時間

連続して測れるから

作業時間 年間50%削減!!

アツヨシの測定方法

準備も簡単。測定も簡単。

複雑な板厚を誰でも簡単、すばやく測定

専用アタッチメントで細かな部分にも

専用アタッチメントで細かな部分にも

対象物に合わせたアタッチメントをご用意しております。(オプション)
詳しくは担当者にお問合せ下さい。

主な仕様

アツヨシ.pdf

型式番号 AT-44
製品サイズ 幅160mm×奥行310mm×高さ356mm
接地面のサイズ 幅160mm×奥行280mm
梱包サイズ(個装サイズ) 縦180mm×横345mm×高さ380mm
商品重量 約3.0kg
測定範囲 奥行き 230mm × 深さ 140mm ※ 測定子より
材質 (台面)アルミニウム(アルマイト仕上げ)
(フレーム)アルミニウム(アルマイト仕上げ)
(確認器)ミツトヨ製 リニアゲージ ※推奨部品
梱包入数 1

© 2018 kanaekogyo. All Rights Reserved.